高校留学。高校二年生です。
クラスで決まった子としか気楽に話せず、
他のことは全然喋ってないです。
だから、決まった子がいないと1人になるので辛くなるというつまらない学校生活を送ってます。
誰にも話しかけられないし、話しかけても続かないし、楽しませることもできないし、仲の良い子とも会話が危ういです。
廊下や休み時間に楽しそうに過ごしている友達が羨ましく、自分だけ孤立しているように感じます。
どうしたらいいと思いますか。私も高校二年生のクラス替えのとき、質問者さんよりも孤立しましたね。昼飯時は誰とも話さないでお弁当食べるから、すぐに食べ終わってしまう。その後、クラスにはいづらいからトイレにこもったり、図書館へ逃げ込む。そんな生活を2年間続けてました。孤独って本当に辛いですよね。まさか自分が孤独だなんて認めたくないですよね。それを認められて悠々自適に暮らせたらなんて良かっただろう。孤立したくないのなら、勇気を出してクラスの人に話しかけるとか。それが出来ないなら、その友人と一緒に他のクラスの人に話しかけてみるのはどうでしょう。それか孤立を認めるなら、休み時間はひたすら本を読んだり音楽を聴いたりして自分の世界に入りこみましょう。でも後者は社会動物である人間にはキツイものです。私はそれに耐えられず、休み時間はトイレにこもってました。とにかく、孤立するということはよくあることなので、質問者さんが異常だとかでは全くないという事を分かって欲しいです。全くの不運に過ぎないのです。質問者さんになんとか居場所が見つかりますように。
日本の高校進学への未練を振り切って大きな一歩を踏み出した。 の体験談。「留学前一番不安だった事」「大泣きの日々」「きっかけはサッカー」「頑張った事」「アメリカのクラス」「留学カウンセラーに頼んでよかった事」など。 。 中学2年生の時に、学校の文化交流プログラムで、2週間ボストンに滞在をしました。 現地学生と 。 理由は、私が部活に未練があったので、「心がしっかりと決まってないなら、高校留学は絶対やめた方がいい」。そう言 。 とりあえず学校の建物の中に入り、片言の英語で「私は新しい留学生ですけど」と勇気を出して言ってみました。スタッフが 。 と思っていた子 です。高校留学。 ていきます。 フィジー留学のきっかけ — フィジーの高校に入学したのはいつからです か? サナ:2018年の1月です。高校2年生のときでした。 。 なんであの高校辞めちゃったのって言われることが多かったです。だから、余計 。 サナ:数学と英語は必修で、 その他の選択科目によってクラス分けが決まっています。私は、 。 たです。一緒に来た 子たちも同じだったから、はじめの方はみんな一緒になって泣いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です