国際線飛行機の乗り方。飛行機の乗り方についてです。この前、アシアナ航空を利用して韓国に行きました。Eチケットの控えのようなものを印刷して、本当にこれでいいのかと不安になりながらも持って行きました。
が、行きも帰りもそれを使うことなく、パスポートをかざすだけで搭乗券をゲットできました。もしかしてパスポート以外に何も持っていかなくてもよかったのでしょうか?今回は仁川空港でしたが、金浦空港や他の航空会社、他の国ではどうなのでしょうか。また、国内線ではパスポートが使えないですよね。何を持っていけばよいのでしょう。国際線も国内線も慣れておらず、今回の旅は何とかなりましたが、今後のために回答よろしくお願いします。海外では、彼の地のパスポートコントロールでビザ無しで入国をする際には、eチケット控えの提示を求められることがあります。そのときそれがないとやはりトラブルになります。韓国では通常は求められませんが、イミグレイション?オフィサーが、何かしらの疑いを持ったり、あるいは気まぐれか何かで提示が求められるようなことが絶対にないとは言い切れません。
国際線飛行機の乗り方。この記事では、海外へ行くための国際線飛行機の乗り方を、出発地の空港に着いてから目的地の空港についてやる手続きまで 。 JALの飛行機に乗るのならJALのチェックインカウンター、ANAの飛行機ならANAのチェックインカウンターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です